HOME > ごあいさつ






 新緑の候、緑ヶ丘地区の皆様におかれましては、益々ご清栄の事とお喜び申し上げます。
日頃より、町内会連合会の活動にご協力を頂き、誠に有難うございます。
 この度、4月17日に開催されました緑ケ丘地区町内会連合会の定期総会におきまして、令和4年度の連合会長に再任されました長峯です。昨年度に引き続き会長という重責を担うことになりましたが、まだまだ未熟者でございますので、皆様方のご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。
 令和4年度の主な事業活動に火災警報器、火災消火器設置のアンケ―ト調査を行います。設置率が2019年時点で83.1%でありました。福島県及び郡山市よりは設置率は高いものの、町内会によりばらつきがあります。そのため、啓蒙活動を積極に行い100%を目指して行きます。
 また、介護保険制度等の勉強会により各種制度の知識を高めて行きます。
 新型コロナウイルス感染症拡が未だ収束しないため、色々自粛が求められ不便を強いられていますが、みんなで努力し乗り切って行きたいと思います。

 連合会運営の基本的な考え方について

  1. 緑ヶ丘地区各町内会と連携を図り、諸問題を集約して行政側に働きかける

  2. 住みよい町づくりのため、各町内間の融和と、各団体との対話に心がける。

  3. 地域の諸行事に積極的に協力し、参加を促進する。

  4. 高齢化の対応として、各町内会の皆さんが気軽に語り合える「通いの場」を作り、

    相互互助の精神のもと、認知症、健康問題、2025年問題に取り組む。

連合会運営の基本的な考え方について

   
(1)緑ヶ丘地区各町内会と連携を図り、諸問題を集約して行政側に働きかける。
(2)住みよい町づくりのため、各町内間の融和と、各団体との対話に心がける。
(3)地域の諸行事に積極的に協力し、参加を促進する。
(4)高齢化の対応として、各町内会の皆さんが気軽に語り合える「通いの場」を作り、相互互助の精神のもと、認知症、健康問題、2025年問題に取り組む。

 以上この基本的な考えのもと、運営して行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

令和4年4月17日     

郡山市緑ヶ丘地区町内会連合会
会長 長峯 栄一